TANAKA Masafumi
陶芸作家・田中雅文Official blog
 
Profile

田中雅文

Author:田中雅文
Official blogへようこそ!

プロフィール詳細は、こちら☆

ブログ内検索



つくるシリーズ


このBlogでご紹介している様々な作業工程
(作り方)をご紹介します。
カテゴリ別で一度にご覧いただくことができます。



人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

工芸ブログのリンク集☆
人気のブログが大集合しています!


月別アーカイブ(過去記事)



■ Fasebookもチェック!

フェイスブックページでは展覧会情報や
制作風景などをリアルタイムにお届けします。


是非「いいね!」ボタンを押してお楽しみ下さい!
※いいね!ボタンはいつでも解除することがで
きます。

RSSフィード

access

■ 「室」完成しました。
さて、先日「何でしょう?」と言っていたものが
完成しました(^^)

もうお分かりだった方も多いかもしれませんが、

正解は、「室(むろ)」です(^^)

ちなみに、陶芸でいうところの室とは、
とっても簡単にいうと、乾燥をコントロールするための
密閉された空間のことで、寒冷地などでは凍結を防ぐため
や、その他いろいろなことに使われます。

で、今回の主な目的は別々に作った作品の各パーツを
接着するため、乾燥状態を一定にコントロールしたいということで…

通常、個人レベルでは、ビニールやラップ、発泡スチロールの箱
などを使って乾燥を止めるんですが、それでも少しずつ
乾燥が進むのと、個別に包んだりする手間を省略するため、
加湿器で強制的に加湿して極端に乾燥を止めたくさんの
パーツを一括管理しようという作戦です(^^)



DSC00925blog.jpg

ということで、出来上がりはこんな感じです☆

左下にあるのが、加湿器です☆

ちなみにこういう場合は、最低限の機能のものがベストです。

安全装置やタイマー、自動加湿、ハイブリット…などは、
人間のための機能なので、やきものには贅沢すぎて…
逆に使いにくくなってしまいます(^^)

そして、何より最低限なので1,580円と、
とってもリーズナブルです(^^)



DSC00929blog.jpg

内側はこんな感じになっています☆



DSC00927blog.jpg

ビニールは、穴の部分をPPシートで強化して、
ネジに引っ掛けるだけの簡単固定です☆



DSC00930blog.jpg

実際に動かしてみました☆

中は、かなりの湿気です(^^)

こんな風に加湿しすぎちゃうところが、
このノーコントロールお安値家電のいいところです☆

これなら、入れておくだけでかなり乾燥を止めることができそう
ですが、後は使ってみてのお楽しみ☆

また使用感もご報告させていただきます。


ということで、3日間お付き合いいただき
ありがとうございました(^^)

ではでは、また明日☆




クリックで1票よろしくお願いします(^^)→工芸人気ブログランキングへ




 

 

 


コメント
こんばんは!
まったくもって勘がにぶく・・・わかりませんでした^^;
凄いなぁ。これがどーして1.580円なのか・・・それもまったくわかりません。
工房もとってもキレイですね~少し、見習わねばを超えております^^;
引き続きの使用後アップ、楽しみにしてますね!
[2009/12/07 23:54] URL | usupin #W5wiIcUs [ 編集 ]
☆usupinさん

こんばんは☆いえいえ…全然そんな^^;
1,580円というのは、加湿器の値段で、
実際全部あわせると7,000円ぐらいでしょうか…(^^)

工房は作っている作品の性質上、少しだけ整えたりも
しているんですが、それ以外のところは全然だったり
しますので…(^^)

また使ってみて、使用感書いてみたいと思います☆
[2009/12/08 20:52] URL | まさふみ #- [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://masafumi8.blog112.fc2.com/tb.php/804-16dcc3a1