TANAKA Masafumi
陶芸作家・田中雅文Official blog
 
Profile

田中雅文

Author:田中雅文
Official blogへようこそ!

プロフィール詳細は、こちら☆

ブログ内検索



つくるシリーズ


このBlogでご紹介している様々な作業工程
(作り方)をご紹介します。
カテゴリ別で一度にご覧いただくことができます。



人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

工芸ブログのリンク集☆
人気のブログが大集合しています!


月別アーカイブ(過去記事)



■ Fasebookもチェック!

フェイスブックページでは展覧会情報や
制作風景などをリアルタイムにお届けします。


是非「いいね!」ボタンを押してお楽しみ下さい!
※いいね!ボタンはいつでも解除することがで
きます。

RSSフィード

access

■ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 

 


■ 失敗から学ぶ
8月ももう終わりが近づき、秋の雰囲気も
少しずつ漂ってきていますね…

陶芸をやっている方なら、ご存知の方も
多いと思いますが、「つくる陶磁郎」という
陶芸の情報誌があるんですが、
以前ネットのアマゾンでこの本を買ったら、
アマゾンから新刊が出ましたよー!って、
お知らせのメールがきまして…(^^)
(スゴイですね、アマゾン☆)

で、それにまんまとハマリ、新刊を買って
みたら、今回の特集は「失敗ベストテン」
陶芸教室51校にアンケートってことで、
しかも、その51校の中に僕が木曜日に
行っている教室の分校が出てまして…

そういえば土殺しや、底のS切れのことを
いろいろ相談したような…
なるほど、このことだったのかと
今更にその部分と繋がって(^^)

さらにそういえば、この本の名前が
出ていたような…と思いながら…

内容的な部分では、僕も一応これを
本職に仕事をしていますので、大発見的な
ことはありませんでしたが、再確認という
意味で参考にさせていただきました(^^)

また、失敗から学ぶという方向性は、
やきもの作りにとって、特に技術面に
もっともふさわしいことではないかと
思っているので、そういう意味では
失敗をおそれず、チャレンジするいい
キッカケになるのではないかと思いました(^^)

それでは、僕からも一つ☆
参考になるかどうかはわかりませんが…(^^)

ロクロで中心に穴をあけて、底を作り、荒伸ばしをした後、
側面を上に伸ばしていくときに、よく両手の指先で挟んで
上に伸ばすと言いますが、実際には挟むという動きは
腰元の一瞬だけで、後は口元に向かって内側と外側の
指の幅を「固定」して土を上に持ち上げていくような感覚で
伸ばすと同じ厚みのスッとキレイな円筒が挽けます☆

言葉の便宜上、挟むという言葉をよく使いますが、
挟み続けるのではなく、一定の厚みまで挟んだら、
そこからは、固定して上に上げるのです☆

文字で説明するのはやっぱりなかなか難しいですね(^^)
もし、気になれば試して見てください☆

明日からは、3日間岐阜のほうに出かけてきます!




クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ


 

 

 


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://masafumi8.blog112.fc2.com/tb.php/715-f7c3ac51



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。