TANAKA Masafumi
陶芸作家・田中雅文Official blog
 
Profile

田中雅文

Author:田中雅文
Official blogへようこそ!

プロフィール詳細は、こちら☆

ブログ内検索



つくるシリーズ


このBlogでご紹介している様々な作業工程
(作り方)をご紹介します。
カテゴリ別で一度にご覧いただくことができます。



人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

工芸ブログのリンク集☆
人気のブログが大集合しています!


月別アーカイブ(過去記事)



■ Fasebookもチェック!

フェイスブックページでは展覧会情報や
制作風景などをリアルタイムにお届けします。


是非「いいね!」ボタンを押してお楽しみ下さい!
※いいね!ボタンはいつでも解除することがで
きます。

RSSフィード

access

■ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 

 


■ 再生
DSC00088blog.jpg

今日は週一回の外での講師のお仕事をしてまいりました。

明日は、カップの高台になるパーツを作ろうかと思っています。

僕の使っている磁土は、通常プレスケーキという
水分を機械で絞った半練り土状で泥しょうにするのですが、
これを乾粉で泥しょうの状態にして
水や珪酸ソーダ(薬品)の量をコントロールすると
液体だったものが固めのホイップクリームのようになる、
「もどり現象」というものが短時間で起こるようになります。

この性質をうまく利用して、俳泥鋳込みでありながら、充填鋳込み
のような厚みのあるものを作ります☆

これで、普段使っている通常の泥しょうから出た削りカスなど乾燥
してしまったものを再利用するというわけです(^^)

陶芸の場合、とりあえず個人レベルでは焼かない限り何度でも再生
できるので、効率よく再生して少しでもエコになればいいかなと
思っています(^^)




banner2.gif人気ブログランキングへ

↑↑ 1日1回☆是非!!応援!お願いします(^^) ↑↑


 

 

 


コメント
こんばんわ。
田中さんの作品は高台が特徴的な作品
多いですよね。
今度はどんな作品を作られるのかとても楽しみです。

それにしても今日の写真は巨大な
ラムネというかトローチのようで
面白いなーと思いました。
[2009/04/16 23:46] URL | 瑞樹 #0JmyFURI [ 編集 ]
☆瑞樹さん

こんにちは。
僕が主に使っている俳泥鋳込みという技法は外側の
ラインがそのまま内側に出るため高台の成形が難しく、
そのためこの技法と高台の関係をいろいろと模索しています(^^)

「yurari.series」はその試みの初シリーズでもあり、
また「Layer.series」はこれを展開したシリーズという形になります☆

写真のもの、実はこれは高台部分を作るための型なんです。
でも確かに巨大なトローチのようですね(^^)


[2009/04/17 13:22] URL | まさふみ #- [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://masafumi8.blog112.fc2.com/tb.php/582-36e6b18d



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。