TANAKA Masafumi
陶芸作家・田中雅文Official blog
 
Profile

田中雅文

Author:田中雅文
Official blogへようこそ!

プロフィール詳細は、こちら☆

ブログ内検索



つくるシリーズ


このBlogでご紹介している様々な作業工程
(作り方)をご紹介します。
カテゴリ別で一度にご覧いただくことができます。



人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

工芸ブログのリンク集☆
人気のブログが大集合しています!


月別アーカイブ(過去記事)



■ Fasebookもチェック!

フェイスブックページでは展覧会情報や
制作風景などをリアルタイムにお届けします。


是非「いいね!」ボタンを押してお楽しみ下さい!
※いいね!ボタンはいつでも解除することがで
きます。

RSSフィード

access

■ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 

 


■ 作業台を作る その1
皆様こんにちは!

今回は、制作作業で無くてはならない作業台の作り方を
ご紹介させていただきたいと思います。

自分で作れば、サイズや高さも自由自在(^^)

お時間ございましたらお付き合いいただければと思います。


まずは、作業工程をより分かりやすくするために、
今回制作する作業台の完成形を先にご紹介します。

DSC_9367blog.jpg

サイズは、幅1820mm × 奥行き910mm × 高さ650mm です。

天板は、コンパネ(コンクリート型枠用合板)3枚重ねで、
最上部の一枚は、劣化や傷みが起きたときにいつでも交換できるように
なっています。




それでは実際に作り方をご紹介させていただきます。

まずは材料のカットから…

DSC_9338blog.jpg

今回メインの脚の材料である2×4(ツーバイフォー)材をカットします。

ホームセンターで簡単に手に入り、サイズは、38mm×89mm 長さ1820mmの木材です。

今回は、高さ650mmの作業台を作るので、天板の厚みを30mm引いた620mmで切ります。





DSC_9339blog.jpg

続いて、今回の作業台の脚はこの62cmの2×4材を2本セットにして1本の脚を
作るので、2本を固定するための垂木(たるき)35mm角を420mmでカットします。

これで、作業台の脚の材料がそろいました。

・2×4材 38mm×89mm 長さ620mm 8本

・垂木 35mm角 長さ420mm 4本





DSC_9625blog_201404241637224ea.jpg

ちなみに今回の写真は大学で働いていた頃に撮ったものなので、
脚のカットに「スライド丸ノコ」という専門的な工具を使っていますが、
なかなか個人で準備できる物ではないので…

個人で長尺物をカットするときは、岡田金属製のソーガイドが便利です。
その他にもいろいろと使えますので、ぜひお試し下さい。

(この写真に写っている作業台も同じ作り方で作ったものです)



というわけで、続きはまた明日(^^)ではでは…m(_ _)m






Blogランキング ← ぜひ!クリックよろしくお願いします(^^)





 

 

 


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://masafumi8.blog112.fc2.com/tb.php/1104-a60cd0dc



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。