TANAKA Masafumi
陶芸作家・田中雅文Official blog
 
Profile

田中雅文

Author:田中雅文
Official blogへようこそ!

プロフィール詳細は、こちら☆

ブログ内検索



つくるシリーズ


このBlogでご紹介している様々な作業工程
(作り方)をご紹介します。
カテゴリ別で一度にご覧いただくことができます。



人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

工芸ブログのリンク集☆
人気のブログが大集合しています!


月別アーカイブ(過去記事)



■ Fasebookもチェック!

フェイスブックページでは展覧会情報や
制作風景などをリアルタイムにお届けします。


是非「いいね!」ボタンを押してお楽しみ下さい!
※いいね!ボタンはいつでも解除することがで
きます。

RSSフィード

access

■ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 

 


■ ブロックパーツの型取り その13
それでは、ブロックパーツの型取りその13ですm(_ _)m

ブロックの型の1面目にドリルであけた穴を、
鋳込み口の形に整えていきます。



DSC_0531-1.jpg

まずは、PPシートで作った目安のガイドをあてて、
鉛筆でしるしを入れます。



DSC_0533-1.jpg

この鉛筆の線の内側を斜めに削り、下に向かって
細くなるように鋳込み口の形を整えます。



DSC_0536-1.jpg

昨日紹介した板を付けたアラカンの刃と、
小刀を使って、整えていきます。


ここでのポイントは、石膏の湿らし具合で、
石膏は完全に乾燥した状態と、湿った状態では、
硬さや加工のしやすやが大きく違います。


今回の場合は、ドリルでの穴あけ作業と、
アラカンの刃だけを使った削りの工程は、
石膏の削りカスが出来るだけ細かく排出されたほうが、
作業がスムーズなので、しっかりと乾燥した状態で…


また、小刀での削り込みの作業は、少ない力で
サクサク進むように、石膏をもう一度水に浸して
湿らせてから進めます。


作業工程に合わせて、石膏の状態をコントロール
することで、効率的に進めることができます。



DSC_0537-1.jpg

というわけで、およそキレイに鋳込み口が整いました。


これを1個1個整えていくのは大変だーと、
思われるかもしれませんが、慣れればこの工程は、
1個、2、3分なので、そこまでではないんですが、
ただ数がそこそこ多いので…(^^)



頑張ります(^^)続きはまた明日m(_ _)m




Blogランキング ← ぜひ!クリックよろしくお願いします(^^)




 

 

 


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://masafumi8.blog112.fc2.com/tb.php/1091-a9dd3a98



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。