TANAKA Masafumi
陶芸作家・田中雅文Official blog
 
Profile

田中雅文

Author:田中雅文
Official blogへようこそ!

プロフィール詳細は、こちら☆

ブログ内検索



つくるシリーズ


このBlogでご紹介している様々な作業工程
(作り方)をご紹介します。
カテゴリ別で一度にご覧いただくことができます。



人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

工芸ブログのリンク集☆
人気のブログが大集合しています!


月別アーカイブ(過去記事)



■ Fasebookもチェック!

フェイスブックページでは展覧会情報や
制作風景などをリアルタイムにお届けします。


是非「いいね!」ボタンを押してお楽しみ下さい!
※いいね!ボタンはいつでも解除することがで
きます。

RSSフィード

access

■ ブロックパーツの型取り その11
あともう少しで完成です(^^)
いつもご覧いただきありがとうございますm(_ _)m

ブロックパーツの型取りその11ですm(_ _)m

面取りをした後の型に「鋳込み口」をあけていきます。

鋳込み口とは、泥粧(液体の粘土)を流し込むための穴の
ことで、どこかに1つあけないといけません。

作るものの都合に合わせて位置を決めてあけていきます。

石膏を流し込むときに、土などで鋳込み口を作っておく
場合も多いですが、今回は後からドリルを使ってあけていきます。



DSC_0511-1.jpg

ボール盤で基準になる穴をあけ…



DSC_0517-1.jpg

その穴をつなぎ合わせるように一列にあけていきます。



DSC_0517-2.jpg

石膏がしっかり乾燥していると、とても簡単に
穴をあけることができます。


水分が多く残っていると、削りカスがドリルの刃に
詰まって排出されず、トラブルの原因になりますので、
乾燥具合を確かめて作業を進めていきます。

次は、このイモムシみたいになった穴を
整える工程をご紹介しますm(_ _)m

ではでは…(^^)




Blogランキング ← ぜひ!クリックよろしくお願いします(^^)





 

 

 


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://masafumi8.blog112.fc2.com/tb.php/1089-c68431e1