TANAKA Masafumi
陶芸作家・田中雅文Official blog
 
Profile

田中雅文

Author:田中雅文
Official blogへようこそ!

プロフィール詳細は、こちら☆

ブログ内検索



つくるシリーズ


このBlogでご紹介している様々な作業工程
(作り方)をご紹介します。
カテゴリ別で一度にご覧いただくことができます。



人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

工芸ブログのリンク集☆
人気のブログが大集合しています!


月別アーカイブ(過去記事)



■ Fasebookもチェック!

フェイスブックページでは展覧会情報や
制作風景などをリアルタイムにお届けします。


是非「いいね!」ボタンを押してお楽しみ下さい!
※いいね!ボタンはいつでも解除することがで
きます。

RSSフィード

access

■ ティーカップのハンドルを作る その21
今日で6月最後ですね。
2013年も、もう折り返し…ファイトファイト!!(^^)

それではつづきですm(_ _)m


109DSC_0129.jpg

割面をキレイに整えたハンドルの型の1面目。





111DSC_0133.jpg

一旦はずしていたハンドルの原形を一面目に戻します。





110DSC_0132.jpg

別角度です。

ここで、2面目を流すために、またカリ石鹸を塗るんですが、
このままだと、カリ石鹸が付いて欲しくない部分
(石膏の吸水性を残したい部分)にまでカリ石鹸が付いてしまうので、
薄く溶いた土の泥を使って、カリ石鹸止めをします。

陶芸で使う石膏型という技法は、石膏の持つ特性のひとつである
吸水性を利用して、土の水分量をコントロールすることで成立する
技法なので、石膏の吸水性が必要な部分にカリ石鹸が付かないように
する。

ということなんですが…  

かなり専門的なので、サラッと通過して下さい(^^)

で、具体的にどうするかというと…


113DSC_0141.jpg

薄く溶いた土の泥を準備して…





114DSC_0143.jpg

それを、ハンドルの原形をはめ込んだ1面目の隙間に
流し込んでいきます。

陶磁器用の石膏は硬化するまでに若干膨張するため
(僕の使っている石膏は、硬化時に約0.18%膨張します)
原形と流し込んだ1面目の間に少し隙間ができています。

その隙間にカリ石鹸が流れていかないように、
先に土の泥で埋めておくというわけです。





115DSC_0145.jpg

流し込んだ土が少し固まったら…





116DSC_0148.jpg

はみ出した余分な土をスポンジでキレイにしておきます。





117DSC_0149.jpg

というわけで、これでカリ石鹸止めの工程の終了です。


文章で説明すると、かなり難しいことになってしまいますが…
(僕の説明がヘタクソだからです(><))

作業的にはそんなに大変なことではなく、
これも10分ぐらいの工程です(^^)

次回は、これにカリ石鹸を塗り、2面目を流していく
工程へと進んでいきます。

ではではまた明日(^^)






Blogランキング ← ぜひ!クリックよろしくお願いします(^^)






 

 

 


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://masafumi8.blog112.fc2.com/tb.php/1020-275731da