TANAKA Masafumi
陶芸作家・田中雅文Official blog
 
Profile

田中雅文

Author:田中雅文
Official blogへようこそ!

プロフィール詳細は、こちら☆

ブログ内検索



つくるシリーズ


このBlogでご紹介している様々な作業工程
(作り方)をご紹介します。
カテゴリ別で一度にご覧いただくことができます。



人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

工芸ブログのリンク集☆
人気のブログが大集合しています!


月別アーカイブ(過去記事)



■ Fasebookもチェック!

フェイスブックページでは展覧会情報や
制作風景などをリアルタイムにお届けします。


是非「いいね!」ボタンを押してお楽しみ下さい!
※いいね!ボタンはいつでも解除することがで
きます。

RSSフィード

access

■ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 

 


■ 岐阜へ行ってきました。
さて、9月に入り朝晩はようやく涼しくなってきましたが、
いかがお過ごしですか?(^^)

僕は、先月末29日から31日まで岐阜県多治見市
で行われた陶芸家の大集会に参加してきました☆
会自体は、30日からだったんですが、僕は前乗り
メンバーと共に一日早く現地入りしました☆

全国各地から100人を軽く超える若手陶芸家が
大集合し、さらに、こちらから会おうと思っても
なかなか会えないような、やきもの界のビッグ
ゲストや、超一流ギャラリーなどもたくさん参加して、
ゲーム大会からトークショー、作品のオーディション、
その他いろいろな事が行われました(^^)

普段、美術館でレクチャーを聞いたり、
いろいろな文章を読んだりすることはできても、
個人的に話ができるような機会は滅多ない
ような方々が向こうからやって来て、さらに
野外で逆さにしたビールケースに座りながら、
炎天下の中、そこら中で意見交換や作品に
対する評価などが行われている、ある意味
異常な状況に、この会の凄さを感じました(^^)

そして、何よりこの会を企画実行していただいた、
実行委員会の方々に感謝ですm(_ _ )m

個人的にも、自分の作品として持って来るように
言われていたマイカップがオーディションに通り、
展覧会や雑誌掲載が決まったこと、その他
いろいろなチャンスをもらうことが出来ました(^^)

また、たくさんの方達とお話させていただいた
ことで、いろいろな方向性を改めて客観視する
ことができたことも、自分にとって大きなプラス
になりました。

そして、今回この会に参加して、一番プラスに
なったこと…

それは、「動く、行動する」ということの重要性、
必要性をあらためて強く再認識できたことでした。

このあたりまえで、誰でもわかりそうなこと、
頭では分かっていても、実際に行動に
移すことは想像以上に難しいことなんです。
でも、本当にもうこれしかないのです。

それが、強くそして明確に確認できたこと。

これで、また自分の中の優柔不断な部分や
消極的になっているような部分にカツ!を入れ
日々制作活動に励んでいきたいと思います!
そして、てっぺんで力を合わせてやきもの界を
盛り上げていくことができれば、これほど
素晴らしいことはないと思います(^^)

そのためにもとにかく、「動く」こと。
まずは、それから…



クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

 

 

 


■ ペン型攪拌機(攪拌タイプ)
さて、今日はちょっとしたときに役に立つ
小型攪拌機をご紹介(^^)

釉薬や泥しょうも何十リットルと多くなるぶんには
工業用の攪拌機がありますが、
逆に50cc、100ccなどテスト用などでとっても少ない
場合、均一に混ぜるのは結構大変だったりします。

作った直後は、乳鉢などで擦っているのでよく混ざって
いますが、それを保管しておいて、また違う土に試そうと
すると、沈殿していたりと厄介です(^^)

ということで、それを一気に解消しようということで…

今日は小型攪拌機、攪拌タイプを、明日は粉砕タイプを
ご紹介します(^^)


DSC00625blog.jpg

まずは、ハチミツサーバー(100円)を用意します。
素材はステンレスがいいですね☆
ハチミツサーバーじゃなくても、柄がまっすぐで、
先に混ざりそうな感じのものがついていれば、
何でもOKです(^^)

さて、これで8割完成ですよ!



DSC00626blog.jpg

ほしい長さに切って…



DSC00627blog.jpg

ペン型ルーターに付ければ…



DSC00628blog.jpg

出来上がり(^^)

テストピースなんかは、割合を少しずつ変えて、
一度にたくさんつくることが多いので、瞬間的に
攪拌できてとっても便利です。

明日は、粉砕タイプをアップしたいと思いますので、
またご興味のある方は覗いてください(^^)



クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ



 

 

 


■ ペン型攪拌機(粉砕タイプ)
さて、今日は木曜日なので…

・・・いつものあれですm(_ _ )m

という毎週のフリは置いといて…

昨日に引き続き、今日はペン型攪拌機(粉砕タイプ)
をご紹介☆


DSC00630blog.jpg

まずは、キュートにデザートを楽しもうということで、
デザートフォーク(100円)を用意します。

例によって、この時点で8割が完成です☆



DSC00635blog.jpg

後は、切って…

先を写真のように左右に曲げます。

この曲げたときに、プロペラのように角度を付けると、
攪拌、粉砕の強度が変わりますので、お好みの角度を
探してみて下さい(^^)

僕の場合は、はじめ角度を付けていましたが、
使ってみると、思いのほか液が飛び散りそうに
なったので、水平に戻しました。

これで、固まったものも比較的楽に液状に
戻すことができます。

完全に固まったものや、固形物のみというのは
少し厳しいかもしれませんが、昨日の攪拌タイプ
よりは、かなり粉砕力に優れています。

ちなみにこれは、深夜に外国人の方が通販で
やってるマジックブレット?ブレード?…みたいな
調理器具ありますよね…(^^)
あれからヒントを得て、作ったものです。

こんなところに、あの深夜の番組の
なにげない記憶が役に立つなんて…(^^)

こちらも、もし興味があれば是非お試しください☆



クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ



 

 

 


■ 小型攪拌機 使用例
昨日ご紹介したペン型小型攪拌機☆

実際の使用例をアップしたいと思います(^^)


DSC00639blog.jpg

まずは、長時間が経ってしまったために、
水分が抜けた色泥しょう(黄色)

ある程度までは、竹べらなんかで軽く砕きます。

水分がなくなるのは、100円均一の容器のせいですが、
100円にそこまでを求めるのも、酷でございます(^^)



DSC00640blog.jpg

それを、今度はしっかり密封できる広口の容器に移し変えて…
(今回は容器を変えるという作業も同時進行しています)

ここからが、小型攪拌機の出番です(^^)

ちょっとだけ(15gぐらい)水を足して、攪拌すると…



DSC00643blog.jpg

あっという間に、泥しょうに元通り(^^)

後は、テストピースを作ってこのまま密封保管です。

さっき、100円均一だから、仕方ないと書きましたが、
実はこの広口密封容器…68円なんです!(^^)

100mlしか入らない小さいものなので、
値段相応といえばそうかもしれませんが、
テスト用にはもってこいの便利さなんで、愛用中です☆

そんなわけで、また明日(^^)



クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ




 

 

 


■ 色泥しょうのテストピースを作る
DSC00636blog.jpg

少し前から、攪拌機のことを
いろいろと書いているわけんですが、
そもそも作業として、何をしているのかというと…

色泥しょうのテストピースを作っています(^^)

今回テストするのは、全部で33色、
それぞれに濃度を3%と8%の
2段階作っているので、総数は66色。

出来上がれば、けっこう後からも
何かの時に役に立つ色見本になりそうです☆

作り方は、お菓子用の紙カップに流すだけと、
とっても簡単です(^^)

俳泥もなく、厚みもそこまで厳密には必要ないので、
後はカラカラに乾燥して、勝手に取れるのを
待つだけです(^^)
一応15gを量って流しているんですが…それぐらいです。

テストピースを作る作業よりも、同時進行の
容器を換えることのほうが、大変で…(^^)

とりあえず、半分終わったので、あと半分ガンバリマス!




クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ



 

 

 


■ テストピース完成
DSC00644blog.jpg

さて、やっと?というか、色泥しょうのテストピース
作りが終わりました。

別で取り寄せてもらっていた広口ボトルも
予定より早く納品され、作業がスムーズに
進みました☆

昨日も書きましたが、今回は全部で66色。

顔料の色や、見た目でだいたいの感じはわかるのですが、
最終的にどんな色になって出来上がるのか、楽しみです(^^)

とりあえずは、このテスト結果をみて、
今後の展開を考えていきたいと思っています。

また、キレイな色などできましたら、
ご紹介させていただきますm(_ _ )m

ではでは…(^^)



クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ


 

 

 


■ カメラ買ってみました。
先日、岐阜に行きました。と書いたときに、
とにかく積極的に動いていかなければ…的な
ことを書きましたが、行動する第一弾?として、
その岐阜から帰ってきた日に
注文していたカメラが届きました(^^)

一番の目的は、作品の撮影と
プレゼン資料等の作成です。

本当は、実際に作品を直接見ていただければ、
それに越したことはないんですが、なかなか
そういうわけにもいかず…

今手元にあるポートフォリオやその他の
もののクオリティが少しでもあがればと思っています。


DSC00645blog.jpg

今回買ったカメラは、SONYのa380というカメラ。
僕はカメラ界のことについては、全くの素人ですが、
とにかく、SONYというメーカーが漠然と好きで、
今すぐに買えそうなデジタル一眼と思ったときに、
このカメラにたどりつきました(^^)

カメラに詳しい方からすれば、いろいろ思うところが
あると思うので、否定的なご意見も大歓迎では
ございますが…(^^)もうすでに買ってしまって手元に
あるので、こうしたらうまく撮影できるよ!という
このa380が活かせるアドバイスなどあれば、どしどし
お寄せください(^^)(←ナント、アツカマシイ…)

幸いにも僕の周りには、先輩、後輩、知人に
プロのカメラマンの人が何人かいますので、
相談するのには困らない環境で、最終的には、
作品写真も撮っていただこうと考えていますが、
まずは、自分で…
コスト的なことも大いに関係していますが…(^^)

なにごとも、日々勉強でございますm(_ _ )m


で、説明書を一通り読んで…とりあえず、写してみました。

DSC00250blog.jpg
「工房の筆入れ」

DSC00272blog.jpg
「初代コンパクトデジカメ」

この画像はweb用に落としてあるのですが、
元画像は、やっぱりキレイです(^^)

webに上げるだけであれば、コンパクトでも
十分なんですが、印刷するとなるとやっぱり
最終的にいいカメラが必要になるので、
これで、その部分を少しでもパワーアップできれば
と考えています☆

が…果たして、うまく使いこなせるでしょうか…?(^^)

まぁ、その辺はボチボチいきます☆




クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ



 

 

 


■ テストピース仕上げ
今日は先日、お菓子の紙容器に入れておいた、
色泥しょうの仕上げをしました。

DSC00648blog.jpg

これが、完全に乾燥した状態のテストピースです。



DSC00649blog.jpg

小さな容器のキャップにゴムスポンジを貼った
ものを湿台にして…



DSC00651blog.jpg

その上にテストピースを置き、
手で中心を押さえながら、周りを削って…

DSC00650blog.jpg

できあがりです(^^)

後は、素焼きの後、半分に釉薬を掛け、
本焼きします☆



クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ



 

 

 


■ 一応全部できたので…
先日から、このテストピースのことばっかり
アップしているような気がしますが…

一応全部仕上げが出来たので、
写真撮ってみました(^^)

DSC00653blog.jpg

まだ、乾燥させただけで焼いてないので、
本来の色味にはなっていませんが、
いろんな色がありそうだなーぐらいな感じになりました(^^)

で、これから、このテストピースをもとに
新しい立体作品を作っていこうと思っていたんですが、
先日、岐阜からギャラリーの方が工房にお起こしになり、
11月に名古屋でのグループ展にお誘いをいただきました。

というわけで、制作の方向を大きくシフトチェンジして、
この11月の展覧会に向け、また大忙しな日々が
始まりそうです…

今回は、茶器がメインになりそうなんですが、
また詳しいことが決まりましたら、このブログでも
お知らせさせていただきます(^^)

果たして、あと2ヶ月でどこまで出来るでしょうか…
まさに、今工房は嵐の前の静けさといった感じです。

とにかく、なんとかガンバリマス(^^)




クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ



 

 

 


■ 同じジャンルで違うこと
今日は例によって、木曜日です…

ここにわざわざ書くまでもありませんが、
釉薬を掛けたり、作ったり、
土を練ったり、ロクロ、手びねり、タタラ、
絵付けに、白化粧、その他いろいろな
技術的相談から、展覧会のお話まで
陶芸全般について、幅広くやってきました(^^)

なかなか、1人で制作をしていると、
一日でここまでいろいろなことに関わることは
少ないですが、陶芸教室ということになると、
これが日常であり、通常です☆

陶芸教室で講師をやることと、僕達が普段、
作家活動することとは、同じ陶芸というジャンルでも
全く別の世界ではありますが、「技術」ということに
限っては、共通している部分があって…

お陰さまで、ロクロを挽くこと以外は、
全て左右どちらでもできるようになり、
そのうち、ロクロもどっち回転でも、
挽けるようになりそうです(^^)

ただ、両方出来たからといって、
なんの自慢にもなりませんが、
もし人様にご指導させていただく機会があれば、
少しだけ、伝わりやすいというのは、確かだと思います(^^)

最終的に作るものが、ぶれていては、
左右両方の回転で、中心が出せたり、
左右両方で菊練りができたところで、
そんなことは意味のないこと…なんでございます。

これは非常に難しい、微妙なラインではありますが、
この辺に陶芸教室講師ということと、作家活動という
ことの違いがあるのかもしれません…

・・・

とかなんとか、ツラツラと書いているうちに、
いつの間にか、こんなお話に…(^^)

もちろん、どちらかがどうという内容の話ではなく、
比較してみるとこの二つの事柄には
違いがありそうだな…ぐらいのことですので、
その辺は、フランクな感じでどうぞよろしくお願いします(^^)

ではでは、また明日☆




クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ



 

 

 


■ 小学校に…
今日は、来月10月の中頃に、
3年生の授業参観で、
陶芸をするということで、
そのゲストティーチャーに呼ばれ…
地元の小学校に打ち合わせに行ってきました。

以前にも小学校に
行ったことがあるんですが、
何回行っても、懐かしさが
そこら中に散りばめられていて、
自分も昔はこんな感じのところで、
6年間を過ごしたんだなと
今になって興味津々でした(^^)

美術室…図工室の四角い椅子や、
鉄棒の逆上がり台なんかも
かなり久しぶりの光景です。

ただ、残念ながら僕の頭の中では
小学校3年生の時の記憶という
具体的なものではなく、
小学校での記憶という6年間を
ひとくくりにした形の記憶に
置き換えられているので、
断片的にしか思い出せないですが、
でも楽しかったことや、
担任の先生の名前などは
覚えているので、この授業参観も
そんな形で残ればいいなと思いながら…

実際には人数も多いので、
それどころではないかも…(^^)

とにかく楽しんでもらえるようにガンバリマス☆



クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ

 

 

 


■ 一色智登世展
DSC00655blog.jpg

今日は大学時代の同級生の
個展の搬入のお手伝いに…

いい展示になっているのではないかと思いますので、
お時間のある方は是非、ご覧下さい(^^)

一色 智登世 展  
Insects Isshiki Chitose
2009.9.14-9.19
ギャラリー白3
http://www.ne.jp/asahi/gallery/haku/
詳しくは、ギャラリーHPまでお願いします。



クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ



 

 

 


■ 忙しさ…「激」
さて、次回11月の展覧会に向けて…

忙しさ…「激」ですm(_ _ )m

現段階は、いろいろなデザインを考えている
ところなので、肉体的、物理的な大変さは
ほとんどありませんが、制作する工程で
一番頭を使う段階なので、なにやら
内側から込み上げてくるような重さが…(^^)

いっそのこと、全身が脳ミソだったら
もっといろいろ思いつきそうなのに…!!?

ここがしっかり固まれば、後はとにかく
作業するのみ!になるんですが、
まだまだ、パッとしません。
なんというか、全体的にこう…スカッ!と…ね(^^)

でも、とりあえず、10点ぐらいは決まりました。
最終的には、いろいろ微調整していくんですが、
まずは方向性やらなんやかんやと…

そして、この文章のグダグダ感が
今の頭の中が整理されていない状態を
映し出しているんだと痛感しながら(^^)

石膏型は他の技法に比べて、極端に
スタートダッシュがきかないので…
なんとまさかの、まだ一個たりとも
出来ておりません(><)  が…

最終的には、スカッとあげれるように、
というか、あげなければいけません…

あげます(^^)ガンバリマス(^^)

こんな文章でゴメンナサイm(_ _ )m
ではでは…また明日☆



クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ



 

 

 


■ オープニングに…
さて今日は先日このブログでも
紹介しました、大学時代の同級生の
個展のオープニングに行ってきました☆

オープニングといっても、
かたい式とかではなく、
大学時代の仲間とみんなで、
お祝いのご飯に…☆

会場自体は搬入のお手伝いのときに
一応見ていたんですが、始まって
あたらめて見てみるとまた少し違った雰囲気で…

設置をしたりと裏方の部分も
少し知っているので、いつもなら、
どうやってくっついてる?とか展示に関しての
疑問的な部分もあるんですが…
今回はその辺のことは無しで…(^^)

無事初日が終わったところで、
お店へ移動して、お疲れ様&おめでとう会を…

まだ初日なので、お疲れ様はおかしい
感じもしますが、実際には搬入が終わり、
期間が始まれば、作家はそこまで
大変なことはなく、どちらかというと
そこにたどり着くまでが、修羅場の連続
だったりします(^^)

会期中に作品が壊れたりという
万が一も起こりうることではありますが…

あとはこの一週間が無事に、
そして、中身の濃い時間になることを
願いながら…(^^)

同級生の個展は、今週19日までです。
もしお時間ございましたら、ご高覧下さいm(_ _ )m

一色 智登世 展  
Insects Isshiki Chitose
2009.9.14-9.19
ギャラリー白3
http://www.ne.jp/asahi/gallery/haku/
詳しくは、ギャラリーHPまでお願いします。



クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ


 

 

 


■ アートコートギャラリー P&E 2009
さて忙しさ「劇」の中、
少しずつ、デザインが決まった
ものも出てきましたが、まだまだ
先は長そうです(><)

で、今日の作業に一区切りついたので、
大学時代の先輩からご案内をいただいていた、
グループ展に大阪のアートコートギャラリーに
行ってきました☆

ギャラリーに入る前に、
ガラス越しに先輩の作品が見え、
この何よりも先にまず目に入る感じと
入ってから、あらためて近くで見るという
二段階になっているところが、
より一層興味と好奇心をくすぐる感じで…(^^)

僕がこんなことをここに書くのも恐縮では
ありますが、もちろん作品自体もとても
完成度が高く、見る側としてもいろいろと
考えさせられるとてもいい作品です。

内容については、わざわざ僕が
説明するのもおこがましいので、
興味のある方は是非、実物をご覧下さい(^^)

その他にも、おもしろい作品が
たくさん展示されていますので、
お時間のある方は是非どうぞ!(^^)


P&E 2009
Presentation & Exhibition @ ARTCOURT Gallery

◎Bグループ(立体・工芸・映像・インスタレーション)
2008年9月10日[木]-9月19日[土]*月休
http://www.artcourtgallery.com/exhibition.html



クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ



 

 

 


■ まだまだデザイン中です
さて今日もひたすらにデザインを
考えて、一日が過ぎていったわけなんですが…

出来ることなら、今から瞬間移動でもして、
本場中国に中国茶をご馳走になりに
行きたいぐらいです…(^^)

実際には、そんなことできそうもないので…(^^)
わざわざ書くまでもありませんが、
まず瞬間移動ができない…・・・

というか、瞬間移動ができたら、
今頃僕はそっち方面で生活ができると思います☆

とにかく、小手先だけで作ったようなもの
になるのだけは避けたいと思ってるんですが、
その前にものが上がるでしょうか…(^^)

zumen09-0916blog.jpg

まだまだ、最終的に決定したわけでは
ありませんが、制作中の一部を…
こんな感じでいろいろとデザインを考えています。。

明日は木曜日なので一日ストップですが、
いい意味で自分の中の空気が切り替われば
いいなと思いながら…(^^)

ではでは、また明日☆



クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ




 

 

 


■ 恒例の木曜日です。。
今日は自分の工房での仕事を
一日ストップして、恒例の市内の教室に…

作品展を来週に控え、最終調整の真っ只中です☆

やきものというものは、その名の通り、
最終的に焼かなければいけないので、
その分を逆算し制作期間を取らなければ
いけません。

そのため、月に2回の教室ということになれば、
一ヶ月前ぐらいには作品を完成させて、
素焼きに出し、その後すぐに釉薬をかけなければ
間に合わないなんてことも…

これはある意味で、僕達よりも過酷な
スケジュールなのかもしれませんね(^^)

でも、こうして展覧会が近づいてくると、
作品展に出す作品がちらほらと
並びだして、なるほどーと…(^^)

僕は木曜日しか担当していないので、
作品は見せてもらっていても、
他の曜日の生徒さんとは、ほとんど顔を
合わす機会もなくなので、また時間があれば
作品展にもお邪魔させてただこうかと
思っています。

この教室では、人気投票で賞が設定されて
いたりもするので、1票も入れないと…(^^)

あっ!…すっかり自分の制作を棚上げしてました…。

まずはそれをしかっりやらないと…(><)



クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ


 

 

 


■ 図案、途中経過…

zumen09-0918blog.jpg

今日もいろいろ案を出しては消し…(^^)

どんな感じがいいでしょうかね?(^^)

疑問符を付けておいて、最終的には
自分がいいと思う形に決まるので、
この制作途中でのいろいろは、聞いておきながら、
あまり反映されないなんてことも起こり得ます(^^)

なんて勝手なんでしょう(><)

でも、抜群に反映されることもあるので、
もちろん一概には言えないことなんですが…

この図面自体は僕の頭の中の完成イメージと
二つで一つなので、これだけご紹介したところで
何やら訳が分からない部分だらけだと思うんですが、
なんとなくこんな感じで…(^^)

僕自身も立体に起こしてみて、初めて感じが
分かるのでなんとも…この時点ではシュッと
しているのに、いざ形に起こすと全くダメなことも
よくあります。。

とにかく、手を動かして実際に「もの」勝負
というところですね(^^)

引き続き、ガンバリマス!



クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ


 

 

 


■ 珍しいものができました。
僕は普段自分の作業と平行して、
陶芸教室もやっているわけなんですが…

今日の授業で自分としては、
なかなかに珍しいものを作ったので、
ちょっと写真に撮ってみました(^^)


DSC00656blog.jpg

それが、こちら…一応「灰皿」です。。

普段僕が作っている作品とは、
真逆テイストのもので、
自分でも本当に久しぶりに
こういうテイストのものを作ったので、
新鮮な感じでした(^^)

そもそも土物自体も最近は
ほとんど無かったので…


ちなみに普段はこんな感じのものを作っています。
過去記事から、以前の展示風景です…↓
http://masafumi8.blog112.fc2.com/blog-entry-343.html




DSC00660blog.jpg

裏には足を付けてみました。

一応、最後まで仕上げてみたいと思っていますが、
どんな感じにしようかな…(^^)

最近は、ひたすらに図面やらなにやらと格闘して
いるので、またいい刺激になりました☆

また明日から、引き続きガンバリマス(^^)



クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ



 

 

 


■ 神戸に作品搬入へ
今日は、10月3日から神戸メリケンパークで
開催される、神戸ビエンナーレの作品搬入に
行ってきました。

世間はシルバーウィークということもあり
少し渋滞に巻き込まれながらも、なんとか到着。

ゴールデンウィーク同様、高速道路では、
日本各地のナンバープレートがズラリ(^^)

休みがたくさんあって、旅行やレジャーに
出かける人であふれるということは、
日本が元気な証拠ですね☆
そしてまた、僕がこうして作家活動を
することができるのも、日本が平和な
証拠です(^^)
同じものづくりでも、戦争のための武器を
作るのでは、人を喜ばせることはできません。

そんなこんなで、無事搬入も終わり、
後は二次審査の結果を待つばかりです。
一時審査通過の時点で入選が決定ということ
なので、また多くの皆様にご覧いただければ
と思っています(^^)


「神戸ビエンナーレ 現代陶芸展」
会期: 2009年10月3日(土)~2009年10月12日(月・祝)
会場: 神戸メリケンパーク

ご都合よろしければ、ご高覧いただければ幸いです。

詳しくは、HPをご覧下さい。
「神戸ビエンナーレ 現代陶芸展」
http://www.kobe-biennale.jp/compe/tougei/index.html




クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ


 

 

 


■ そろそろ原型を作らないと…
毎日いろいろと形を考えているわけなんですが、
そろそろ原型制作へと移っていかないと、
本当に間に合いそうにありません…(^^)

一日の全てを自分の作業に費やすことができれば、
と思うんですが、なかなかそういう訳にもいかず…
でも、時間があればあったで、またギリギリに
なってしまうのが、困ったところです。。

だからといって、逆に計画的にどんどん進めていって、
作品を早く作りすぎると、それを展示するころには
もっといいものが作れたかも?と疑問符が
ちらついて、なんだかちょっと勢いに欠けてしまう
こともあります…

自分でも、どないやねん!とツッコミたくなりますが…(^^)

この辺は、本当に困ったところで、どういう風に
テンションをもっていって、いかにして
モチベーションを維持するかという自分自身との
バランスを整えながらということが、大切で…

とかなんとか、つらつらと書いてみましたが…
今の現状は明らかに、ギリギリのキリキリです(><)
早く作りすぎて…とか言っている場合では
ありませんでした。。勢いだけになったりして…(^^)

とにかく明日からはなんとかゲージ作りぐらいは
開始したいと思っています。

ではでは、また明日☆




クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ




 

 

 


■ 間に合わず…
シルバーウィークも後残り一日…

5連休、皆様はいかがお過ごしに
なられたでしょうか?(^^)

お出かけされた方も、
お仕事だった方も、
それぞれに、充実した時間を
お過ごしになられたことと思います(^^)

zumen09-0923blog.jpg

さて僕はというと、なんとか今日中にゲージを
作り始めたかったんですが、
残念ながら間に合わず…(><)

なので、また引き続き図面をご紹介します☆

これだけ見てもなんのことやら
よく分からないかもしれませんが、
右側の断面図を元に左のゲージを作り、
これを使って原型を作っていきます。

この断面図は、上下二つのパーツから
出来ているので、ゲージも二つ。

ちなみに、右上が原寸大、
右下が、土の収縮率を加算した大きさです。

明日こそは、ゲージ作りに取り掛かりたいと
思います(^^)

ではでは…また明日☆




クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ



 

 

 


■ ゲージ制作へ…
なんとか、ゲージ制作へと進んできました。
まだ、形を考えたり、新しく追加したりも
する予定なんですが、とりあえず…
いったん思考回路を開放します☆

この作っている間に、新しいものが浮かんだり
ということがよくあるので、自分で自分に期待です(^^)
(まあ浮かばないことも多々ありですが…(><))

そんなこんなで、ゲージ作り…

DSC00661blog.jpg

まずは、昨日ご紹介したような図面を
プリントして、切り分けます。



DSC00663blog.jpg

それを、スプレーのりでPPシートに貼ります。
(今回は3M社のスプレーのり55・貼ってはがせるタイプ)
今まではこの工程を両面テープでしていたんですが、
今回からグレードアップ&時間短縮です(^^)



DSC00664blog.jpg

できるだけ、省スペースになるように…(^^)

のり残りもほとんどなく、貼りなおしが
簡単にできるので、とても便利です☆



DSC00666blog.jpg

後は線にそって、切って…



DSC00667blog.jpg

紙を剥がせば、PPシートのゲージが完成です。
このままだと、ぐにゃぐにゃなので、
この後、裏にベニヤ板を貼ります。

その様子はまた後日に…(^^)




クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ



 

 

 


■ 引き続きゲージ制作…
DSC00668blog.jpg

というわけで…

引き続き、きのうご紹介したゲージの
PPシート部分を切り出しました☆

この写真に写っているもので、
4個分ぐらいになります(^^)

なぜ、こんなに多いのかというと…

原型を作るための、台をを作るための
ゲージも含まれているのためで…

両面ともに平らではない原型などは、
先にそのカーブに合わせた台を石膏で作り、
その上にまた石膏を流して、
さらにゲージをあてるという、
言葉だけで説明するとなにやらとっても
複雑な感じになるわけです(^^)

そんなこんなで、次はこれにベニヤ板を
貼る作業へと進んでいきます(^^)




クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ



 

 

 


■ 久しぶりに電車に乗って…
今日は、大学時代の先輩に
ご飯にさそっていただき、
かなり久しぶりに電車に乗って、
大阪市内へ…(^^)

久しぶりに降りた駅で、
目的地の方向が分からず…(^^)
(というか、どの駅でも、街でも方向音痴の
僕はすぐに迷子になります…(><))

居酒屋さんもいい雰囲気で、
とてもリラックスできる空間でした☆

その先輩とはよく会っているようで、
実はしっかりと予定を合わせて
ご飯を食べるというのは、今回が初めて。
とても楽しい時間を過ごすことができました(^^)

何より真剣にガッツリと作家活動を
されいる方とのお話は本当にためになり、
そしておもしろく、貴重な時間になりました。

日本におけるやきものというものの特異性や
ものづくり自体の本質など、これから
僕達作り手が何を考え、そしてどのように
表現していくかということについても、
またあらためて確信がもてたような気が
しました。

これからもまた、少しでも前に進むことが
できるように、とにかく前進あるのみで頑張って
いきたいと思います!(^^)




クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ


 

 

 


■ ゲージ完成。
さて、先日のPPシートのゲージの
裏にベニヤ板を貼ります。

DSC00670blog.jpg

ベニヤ板(4mm厚)に形を写します。


DSC00671blog.jpg

およそ、その形に合わせて切ります。
大きなカットはノコギリで、細かいカットは、
カッターで切り抜きます。

このときに上の一辺を少し短く切っておきます。


DSC00672blog.jpg

両面テープを使って…


DSC00673blog.jpg

PPシートのゲージを貼ったら出来上がり☆


DSC00674blog.jpg

こんな風に、すこし短く切った分をずらして、
石膏表面にはPPシートのみが触れるように
しています。


あとは、これを作る形の数だけ作ります。
が、けっこう数があって…(><)がんばります!




クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ



 

 

 


■ そして、再び…
DSC00675blog.jpg

第一弾のゲージを一通り完成させたんですが、
また引き続き第二弾です…

なにやら、全部で何個あるかも分からず、
エンドレスな感じになってきましたが、
いつかは終わります(^^)

そのときのためにただひたすらに…(^^)

さて、9月ももうあと少しで終わりですね。
また何やら変なものが流行っていますので、
皆様もお身体には気をつけて下さい☆

ではでは…(^^)



クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ


 

 

 


■ 新兵器
DSC00676blog.jpg

まだまだ、日々ゲージ作りが続いておりますが、
新兵器、卓上糸鋸盤の登場です(^^)

今までは、一つ一つ手で切っていたんですが、
制作日数の関係で…

というか、実は糸ノコのかえ刃を買いに行って、
卓上糸鋸盤を買って帰ってくるという、
まぁひとつの衝動買いというやつです(^^)

くつした買いにいって、スーツ買って
帰ってくるみたいな…
(ん~、別にわざわざ例えなくてよかったかな(^^))

とにかく、そんな感じで買ったこの工具は、
言うまでもなく大活躍で、裏に当てるベニヤ板の
カットが瞬時に終わりました☆

もともと小さなものを作るためのものなので、
ヘビーな作業には向きませんが、
今回の作業には、ジャストでした(^^)

そんなこんなで、制作はまだまだ続きます…




クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ


 

 

 


■ 原型を作る 急須編その1
さて、新兵器のお陰でなんとか
ゲージ制作が終わり、今日から原型制作
へと移っていきます☆

ちょっとばかり、忙しすぎるのと…(^^)
いろいろな作業を平行して進めていきますので、
ちょっとずつの更新になりますが、
お時間よろしければお付き合いくださいm(_ _ )m


DSC00677blog.jpg

で…、まずはフタからなんですが、
そのまえに土台から…
今回はこの土台が大活躍します(^^)



DSC00679blog.jpg

土台を仕上げたら、この上に石膏を流し
フタを作ります☆
ちょうど、写真の土台と次にあてるゲージの隙間、
ここがフタになる部分です。




クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ



 

 

 


■ 原型を作る 急須編その2
引き続き、原型を作る急須編その2☆ですm(_ _ )m



DSC00680blog.jpg

昨日作った土台の上にカリ石鹸を塗ったら
水道パイプを付けて…

※このパイプには切り目が入っていませんが、
石膏は硬化時に少し膨張するため最終硬化まで
枠を使用する場合は切り目を入れるなど、膨張を
妨げないような外枠を使用してください。
今回は硬化前に枠を抜くため、作業の効率上
切り込み無しのパイプを使っています(^^)



DSC00682blog.jpg

流した石膏が自立する硬さまで硬化したら、
枠を垂直に抜きます。

※今回は、石膏攪拌機で3:20秒攪拌後、
約3分で枠を抜きました。



DSC00683blog.jpg

そこにふた用のゲージを当てて…

これで、土台とフタができました(^^)



クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ


 

 

 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。