TANAKA Masafumi
陶芸作家・田中雅文Official blog
 
Profile

田中雅文

Author:田中雅文
Official blogへようこそ!

プロフィール詳細は、こちら☆

ブログ内検索



つくるシリーズ


このBlogでご紹介している様々な作業工程
(作り方)をご紹介します。
カテゴリ別で一度にご覧いただくことができます。



人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

工芸ブログのリンク集☆
人気のブログが大集合しています!


月別アーカイブ(過去記事)



■ Fasebookもチェック!

フェイスブックページでは展覧会情報や
制作風景などをリアルタイムにお届けします。


是非「いいね!」ボタンを押してお楽しみ下さい!
※いいね!ボタンはいつでも解除することがで
きます。

RSSフィード

access

■ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 

 


■ どんより
片付けようの箱を作ったので、
工房が少しキレイになりました(^^)

キレイにというか、物が少なくなったと
いう感じですが、それでもちょっとはスッキリしたかと…

陶芸の工房というと、どうしても土やら釉薬やらで、
あまり美しいイメージが沸きにくい感がありますが、
個人的には、泥んこな感じはあまり好きではないので…

美しい作品を作るためには、まず美しい空間から。

まあそんな大げさなことでもないですが、
土汚れぐらいはキレイにした空間で作業したいと
思っています(^^)

先月末から少し片付けに集中していましたが、
もう今日から8月です…早いですねー。
関西では梅雨があけないので、毎日なんとなく
どんよりな感じがします(><)

そんなどんよりな中、今日、大阪富田林では
PL花火大会がありました。

僕は、昨日も書きましたが今年は家から見ることに…

今年はあいにくの天気だったので、
心配していましたが、予定通りの時間に始まって
小さいながらも花火を見ることができました(^^)

ただ、ほとんど風がなかったので、煙が流れず
次から次へと上がる花火の煙が雲のようになって、
ちょっと残念でした…

来年は、また現地に行って間近で見たいと思います(^^)



クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

 

 

 


■ 運動不足
さて、今日はなにやら一日頭痛と一緒に作業することに…

特に何かに疲れたとか、変わったこともなかったんですが、
まあこんな日もありますね。

クーラーのせいかも…とも思いながら、
最近の運動不足なんかもいろいろ関係してそうです…

現役のときは毎週のように、引退してからも
2、3年前ぐらいまでは、アイスホッケーを定期的に
していたので、運動不足というよりも、動きすぎて
疲れていましたが、最近は…

運動して疲れると、スッキリ清清しい感じがありますが、
運動不足で疲れると、なんかぐったりという感じで…

日ごろ、作業で身体を動かしてはいるものの、
汗だくになって走り回っているわけではないので、
結局運動量としてはしれてるものです。。

たまに、街中を完璧運動スタイルで走っている
人をみて、すごいなあと思いながら…(^^)
時間は自ら作るものだと思っていますが、
そこまでたどり着くのがなかなかだったりしますよね。

そういえば、昔中学だったか高校だったか…
走るのが趣味で、夏も冬も毎朝学校の中を
何キロも走って、全身汗でびしょびしょになりながら、
朝校門の前で生徒におはようをいう先生がいて、
特に夏なんかは、毎日朝から異常な「暑さ」と「熱さ」を
放っていたのを思い出しました(^^)

今考えると、とても健康的で運動不足の僕は見習うべき
習慣だと思うんですが…

自分で勝手に思い出しておきながら、
今日はちょっと寝苦しい夜になりそうです(^^)



クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ


 

 

 


■ 梅雨が長すぎて…
さて、ようやく関西でも梅雨明けが
発表されました。

今年の梅雨は長かったですねー。。
なにやら過去最長だったとか…

お陰で作品達が乾きませんで…

基本的にゆっくり時間をかけて
乾燥させるということは、やきもの作りの
中では重要なファクターではありますが、
この世の中には時間というものがありまして、
これまた、タイムイズマネー!なのであります(^^)

普段僕が作る作品は、鋳込み技法のため、
厚みが均一で乾燥にはほとんど
気を使いませんが、僕の工房には、
僕以外の方々が作った作品もたくさんあって、
そんな作品達の管理をすることも、
数ある僕の仕事のうちのひとつです(^^)

そして、それが自分のものならば、
万が一のことが起きても、作り直すことが
できますが、この作品達は、
その万が一のことを万が一にも起こせないので、
この辺が一番ポイントですね。

乾燥のことから、ちょっと話が進みましたが、
今日は、大学の近くに行く用事があったので、
その流れで、研究室にお邪魔してきました☆

学部は今夏休みですが、その学部生が
休みの間に通信のスクーリングが
行われていたり、AO入試があったりして、
学校は休みでも、中は大忙しです。

そんな中、またいろいろと話をしたり
しているとすっかり遅くなってしまいました。
業界が同じもの同士じゃないと
なかなか話が通じないので、つい…(^^)
いつもありがとうございますm(_ _ )m

いろいろと、活力ももらったところで、
また明日からガンバリマス(^^)



クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ

 

 

 


■ 書類作成
今日は、教室の授業が終わってから、
神戸の展覧会の2次審査用の
書類を完成させるべく、作品の写真を
撮影しました。

1次審査のときにすでに作品写真を
とったんですが、2次審査の写真では、
作品に正面という配布されたシールを
貼って再度、写真を添付しないといけなくて…

いろいろと格闘しながら、
なんとか無事書類を完成させることが
できました(^^)

無事届きますように…

以前から他の作品の写真も撮ります、とか
HPにアップしたいと思います。とか…
言ってるわりに、全くそんなところまで
手がまわらない状態で、大変申し訳ないんですが、
今しばらくお待ち下さいませm(_ _ )m

そして、そんなときに限って
ネットショップ関係の勧誘の電話が
いっぱいかかってきて…(><)

今なら、ショップの○○円が○○円で、
なんちゃら費無料キャンペーン中ですぅ!
もっとショップ運営に力をいれませんかぁ?
みたいな感じのです…

キャンペーン期間を決めた人に
罪はないですし、電話をかけてきた方も
お仕事だと思いますが、僕がもうちょっと
時間的に余裕があれば…
この方の営業成績に貢献できたかも…(^^)

とか、ふわっとだけ思いながら…

僕は自分の作品を良くすることに
必死にならなければいけないので、
貢献するのはもうしばらく先でお願いします(^^)



クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ


 

 

 


■ トイレの床掃除
今日は、トイレの床を掃除しました☆

独立する前に、少しだけビルメンテナンスの
仕事をしていたので、Pタイルの床やビニールクロスの
床の掃除は得意です(^^)

このビルメンテナンスの仕事のひとつである床掃除とは、
主に百貨店や大型店舗、チェーン店舗などの床をピカピカに
保つお仕事です。
他にもハウスクリーニングでマンションの一室を丸ごと
キレイにしたり、高層ビルの外のゴンドラから窓を掃除
したりと、いわゆるダスキンのようなお掃除のプロという
仕事です(^^)

なので、一般男性よりは少しだけ掃除が出来たりします。


DSC00531blog.jpg

で、今日はトイレの古いワックスを剥がし、
新しくワックスをかけることに…

それほど劇的な境目は見えませんが、中央部分が
古くなったワックスを剥離剤で剥がしたところです。

凹みにはいった汚れもワックスと一緒にキレイサッパリ
無くなります☆



DSC00545blog.jpg

というわけで、床掃除完了ですm(_ _ )m

ホワイトバランスの関係で色が違いますが、
同じトイレの床です(^^)

ワックスを乾かすのにかかる乾燥の待ち時間を
除けば、作業時間は30分ぐらいでしょうか…

ワックスがビニールの床を保護しているので、
それを取ってまた新しくワックスをかければ、
新品のようにキレイになります(^^)

キレイなうちに保護してしまえば何回でも新品
のように元通りになるので、水の染み込まない
床には是非、ワックスをかけてみて下さい☆



クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ


 

 

 


■ 1,500円
さて、今日は木曜日恒例の仕事に行ってました☆

なんというか、この「木曜日恒例の…」という文章、
もう何回このブログに書いたことでしょうか。。

いいかげん書き過ぎですが、書き出しへの使いやすさが
ピカイチなんでもう少し使わせて下さい(^^)

で、その仕事の中でそこの教室が
どなた様からか注文を受けたどんぶり鉢5個セット
を作ることになりまして…

それを作ってきました。
一応出来上がりの直径は21cmぐらいになる予定ですが、
なんとお値段が一個1,500円。とってもリーズナブルです(^^)

最終的には僕が作ったという証は残りませんが、
事実上、作った人間が田中雅文であることに
間違いはないわけで…(^^)

楽しんで使っていただきたいと思う気持ちにも
間違いはないわけで…(^^)

どなた様からのご注文かは残念ながら分かりませんが、
完成まで今しばらくお待ち下さいませm(_ _ )m

ちなみに、僕が作ったという証が残る
作品はこちら↓で取り扱っておりますm(_ _ )m

アーティスト・セレクトショップ「MaSaFuMi」
-陶器・磁器・クラフト作品のオンラインショップ-


ご興味のある方は、是非ご覧になってみて下さい(^^)



クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ


 

 

 


■ 普段と変わらぬ…
突然ですが…

Superflyの志帆と市原隼人って似てますよね。

というわけで…(^^)


素焼きやら体験さんの仕上げなんかを
しつつ、今日も一日平和に過ぎていきました(^^)

明日からまた、ブロックの型の続きをやっていきたいと
思っています。

DSC00301blog.jpg

いろいろとバタバタしていて、
前に作っていたときから、
結構な時間が経ってしまいましたが、
とりあえず30個を目標に、
最終的には60個ぐらいにしたいと考えています☆



クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ



 

 

 


■ カリ石鹸を塗りまして…
酒井さんがいろいろと大変なことになっていますね…
一応、無事でなによりであります。

何やら旦那様の影響が大きいみたいで、
もしかすると、少しいけない方向に引っ張って
しまったのかと…

この責任は結構重大ですよね。


DSC00546blog.jpg

今日は昨日も書きましたとおり、
石膏型の続きの作業を…(^^)

とりあえず、今ある30個の割り面に
カリ石鹸を塗りました。

石膏原型やケース型等全部に
カリ石鹸をぬる場合は、
気楽に筆でガンガン塗っていくんですが、
今回はこのまま使用型にするので、
内側のブロックの面にカリ石鹸が
付かないように、慎重に進めていきます。

これがまた結構な手間でございまして…(^^)

明日もう一度、カリ石鹸を塗って拭き取ったら、
もう一面を取っていきたいと思います。



クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ


 

 

 


■ ブロック04 使用型作り その1
さて今日は、なんとなくの時間の流れと共に、
続きの石膏型制作をご紹介します☆

それでは作業スタート(^^)

DSC00549blog.jpg

1 【制作開始~5分】

カリ石鹸を塗った2面型の1面目に原型をはめ込み
アクリルケースにセットします。
今回は3個を同時に進めていきます。



DSC00554blog.jpg

2 【5分~10分】

特級石膏(2700g)と水(1830g)を合わせ、
真空攪拌機で、3分15秒攪拌します。

写真は攪拌機の攪拌槽の中です。
この槽の中が真空状態になり、気泡を抜くと共に
中のプロペラが石膏を攪拌します。



DSC00558blog.jpg

3 【10分~13分】

攪拌した石膏を流します。
ここで気泡を出さないように注意しながら、
落ち着いて、かつ手早く流します(^^)

ここで、タイマーを15分にセットして
スタートボタンを押しておきます。



DSC00557blog.jpg

4 【13分~18分】

石膏表面の水分が引いたら、
アクリル板など、平らなものを使って、
上面を平らにならします。

このとき、5分以内に石膏表面の水分が
引かないようであれば、攪拌が足りていない
可能性がありますので、ひとつの目安に(^^)

今回は、約4分で水分が引きました。

ここまでで、開始から約20分かかりました。
なんとなく、作業の流れが伝わりましたでしょうか?(^^)

ではでは、つづきはまた明日m(_ _ )m



クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ


 

 

 


■ ブロック04 使用型作り その2
さて、それでは昨日の続きをまた時間経過と共に
ご紹介させていただきたいと思います☆


DSC00560blog.jpg

DSC00562blog.jpg

5 【18分~28分】

昨日の 3 の工程でセットしたタイマーが鳴りました。
石膏が発熱と共に膨張し、アクリルケースに隙間が
出来ています。

ケースを固定しているテープは、上面を平らにした後、
すぐにはがしています。

この硬化時に石膏が発熱した時点で、
全てのケースを外し、その後すぐに割り面を開いて、
中の原型を外します。

というわけで、一回のターンに約30分かかりました。

後はこれを繰り返して…



DSC00564blog.jpg

2面型の2面目が30個完成です(^^)

さらにこの後、鋳込み口をあけたり、全体を整えたりの
工程に進みます。



クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ


 

 

 


■ ブロック04 使用型完成
さて、先日からご紹介していましたブロックの
石膏型ですが、最終仕上げの段階です。

昨日までは、経過時間と共に進んできましたが、
この工程は、時間うんぬんというよりは、納得がいけば
そこで終了ということで…フリータイムです(^^)


DSC00565blog.jpg

まずは、原型を外しただけの型です。
まだ、鋳込み口もあいていません。



DSC00566blog.jpg

鋳込み口をドリルやら小刀やらといろいろ使って開けて…(^^)
合わせ面と周りの角を面取りします。



DSC00567blog.jpg

最後に全体をもう一度ペーパーなんかを使いながら
キレイに整えて、削りカスをキレイにして…



DSC00568blog.jpg

出来上がりです。
比較のために、仕上げていないものと一緒に…(^^)

というわけで、こんな感じで残りの型も仕上げていきます。

明日は、この仕上げのことについて、少し思う部分を
書いてみようと思います(^^)



クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ


 

 

 


■ 思うこと 「型をキレイにする」編
今日は昨日の記事に書きました仕上げのことについて、
少し思う部分を書いてみようと思います(^^)

いち個人の思いとして、気軽に読んでいただければ
幸いですm(_ _ )m(^^)

昨日の記事で、仕上げをしたことによって、
原型を外してすぐのときと比べると、
なんとなくキレイになったのが、
伝わった?かな…と思いますが(^^)
そもそも、なぜここまで整えるのか…?

実際に鋳込みの経験がある方には、
わかるかと思いますが、

「この型を使って、ブロックの形を取る」

という物理的事柄をクリアするためには、
最低鋳込み口になる穴が開いていれば、
型として成立するわけで、
少なくとも面取りした部分をペーパーで
磨く必要はほぼありません(^^)

もちろん面取りをすることで、型自体が
かけるのを軽減したり、型表面をキレイに
磨くことによって垂れた泥しょうの掃除が
楽になったりと機能性、効率性からみても
決して無意味なことではありません。

ただ、石膏型の作業自体を何回もこなし、
慣れてくると、型自体をどこかにぶつけることも、
必要のない部分に泥しょうをこぼしたりすることも、
あまり無くなってきます。
特に実際に泥しょうが付く、型内面なんかは
傷が付けばそこで終了、といっても過言では
ないぐらいの部分なので…

内面に傷が入れば、その型から取れる
全てのものに傷が入ることになり、
結果、傷が入ったパーツを量産するという
なんとも悲しいことになります…

でも、僕が型をキレイに磨いたり
外側の形を整えたり、わざわざアクリルケースを
特注したりする理由は、もう少し別のところに
あります。

では何故、キレイに整えるのでしょうか?



なんとここで!! 長くなりそうなので、
まさかの明日に続きます…
もし、続きを読んでいただけるという
素晴らしいお気持ちをお持ちの方は是非
明日の続きを読んでみて下さい(^^)

ではでは…



クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ


 

 

 


■ 続・思うこと 「型をキレイにする」編
昨日は突然の「続きは明日」宣言で
失礼致しましたm(_ _ )mでは続きを…(^^)

昨日の記事の続きになるので、読んでない方は
是非、昨日の記事(前編)を読んでみて下さい☆

【前編】 思うこと 「型をキレイにする」編
http://masafumi8.blog112.fc2.com/blog-entry-701.html




それでは、昨日の最後の答えから…

もちろんのことではありますが、
ブログに載せるためや、
型をアピールするためなどということは
一切ありません(^^)

その答えは…

「キレイにしたいから!」です(^^)

(あれ?こっちのほうが上の理由よりもヒドイ?)

たとえ、それが世に出ないものであっても、
作品制作のいち道具や器具であっても、
自らが作り出したものは自分の納得したもの、
であってほしいのです。
この「納得のいくところ」というのは人それぞれ
あるので、他の方々がやっていることに干渉
するようなことはもちろん一切ありませんが、
キレイな型にはとても興味があります(^^)

そして、自分が納得いくまで整えた型を
ずらっと並べて、その光景に満足したりして
いるのです(^^)
この一部分だけを抜き取れば
「完全なる自己満足」の領域になります。

が、この時点で作品が完成するわけではありません。
(あたりまえのことなんですが…(^^))

その型を使って、鋳込みの作業を進めていくこと、
パーツを仕上げて素焼きして、組み合わせて
本焼きをして…という工程を進みながら、
自分と作品、そして作品と作品を見て下さる方々
との距離や関係性、どんな風にしたら作品を
通して楽しんでいただくことができるのかを
いろいろと探します。

この探しているものを見つけるために作品を作る
わけなんですが、探すという行為は、
作品の案を出すところから、実際に制作に入り
それが完成するまでの、長い間続くことになります。

また完成といっても、それは現時点での物理的
完成なので、このことはエンドレスに続いていくこと、
そして続けていくことになり、それには大きな
エネルギーを使います。

そしてこの大きなエネルギーの必要な、
ものづくりを続けるにあたって、この「キレイにしたいから」
という「完全なる自己満足」点を通過するということは、
そのモチベーションを保つための重要なファクターであり、
そこから、いい作品を生み出すことができて、
多くの人に見てもらい、また楽しんでいただくことが
できれば、この完全なる自己満足も双方への
満足へと繋げることができると思っている。のであります(^^)

そして、これが僕が型をキレイに整えようと
思う最大の理由なのでございます。

というわけで、いろいろと思うことを
書いてみましたがいかがだったでしょうか(^^)

気軽にとか言っておきながら、
すっかり超長文になってしまいました(><)
しかも、二日間に渡って…

最後まで、お付き合いいただきありがとうございました。
そんなことを思いながら型を磨き、作品を作っているんだな
と思っていただければ幸いです(^^)

ではでは、また明日からも引き続きがんばります!!



クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ


 

 

 


■ 自分管理
世間はお盆休みということで…

明日、明後日ぐらいがど真ん中ということで、
今日はコ盆になりま…・・・

・・・

皆様いかがお過ごしでしょうか(^^)

今年も僕には特に休みというものは存在しませんが、
毎年のことのなので休みたいとかないわけなんですが…

どっちかというと、毎年だから慣れたと
いうよりは、実際にいらいないと思っているのかも
しれませんね(^^)

なぜなら、それは僕が誰かの下で仕事をしている
わけではないからだと思います。
僕以外に仕事やスケジュールを管理する人がいないので、
休みも仕事も自分次第ということですね(^^)

僕が休むことによって、迷惑になる人がいたり、
誰かの仕事が増えたりということがあれば、
気も使いますが、それもありません…

もちろん、納期やら打ち合わせやら、
ひとつの企画にはたくさんの人が関わり、
みんなが協力していろいろなことができるので、
実際にはそんなに単純ではないんですが…

ただ世間が大型の休みに入ると、
メーカーや業者もストップして、
結構動きにくくなるので、その辺がちょっと大変です。

まぁ、事前に準備しておけばいいだけの話なんですが、
「あっ!」みたいなこと…ありますよねー(^^)

閉まってるよー…みたいな。。

そんなことも含めて、頑張るも頑張らないも、
自分次第!m(_ _ )m



クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ


 

 

 


■ 車の中
世間はお盆休みということで…

今日はお盆休みど真ん中ということで、
ド盆になりま…・・・

・・・

皆様いかがお過ごしでしょうか?
(冒頭使い回しの術…)

今年は、高速料金の関係で道路が大変なことに
なっていますね…

最近は車内にテレビやDVDなどが普通になり、
少しぐらいはヒマをつぶしやすくなったように感じますが、
それでも、長距離の渋滞はドライバーのイライラを誘いますね(^^)

残念ながら、僕の車にはテレビが付いていないので、
この部分ではヒマをつぶすことができないんですが、
車の中って落ち着いて話ができるひとつなんじゃないかな
と思っています。

なぜだかはよくわかりませんが、
意外と話しやすい空間なんですよね(^^)

他にやることがないのと、お互いが同じ方向を
向いていることで、顔色が見えない分、
逆に気を使ったりしているんですかね?

運転席は運転も兼ねているので、(こっちがメインですが)
普通であれば、助手席は少し気を使うので、
その関係性が話をスムーズに進めるのかもしれません…

なにが理由なのかはよくわかりませんが…

ただこれが、万が一喧嘩になった場合…

車内は本当に最悪な空間にと空気に…(><)

今まで、功を奏していた部分が全て裏目に出て、
顔が見えないがゆえに結構ズバッと言ってしまったり、
逃げれないために、話がどんどんこじれて…(^^)
さらに渋滞のイライラがプラスされれば…

まさに車内は戦場ですね(^^)

決して最近こんな出来事が起こったから、
題材に選んでいるわけではありませんので、
あしからず(^^)

ラジオから流れる、ものすごい渋滞情報を
ききながら、ふとそんなことを思ったド盆の一日でした。




クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ


 

 

 


■ 100%詰まらなくても
世間はお盆休みということで…

今日でお盆休みが終わりになるところが多いようで、
盆エンドになりま…・・・

・・・

皆様いかがお過ごしでしょうか?
(冒頭使い回しの術…)

昨日から本焼きをしているため、
とっても暑いこの夏真っ只中に、
僕の工房では、大きな鉄とレンガの塊が、
ガンガン高熱を放っています…

といっても、実際には窯の上に大きなフードがあって、
その有圧換気扇がかなりの熱を外に
逃がしてくれるため、窯が同室内でもなんとか
クーラーで温度調節が出来るぐらいの環境です。

今回は少し窯の中に余裕があったので、
冷めるのも早いと思いますので、この熱さからも
もうすぐ開放されるわけなんですが…

この窯を焚くときに、茶碗1個でも100個でも窯に
入ればそこまで燃料代に差が出ないため、
基本的には窯を目いっぱいにつめて焼いたほうが
経済的にもいいんですが…

そして僕も出来るだけ効率よく作品を詰めて、
窯を100%埋めた状態でONするようにしているんですが…

後もうちょっとで詰め詰めに詰まるのに…
と考えて、予定にない作品や商品なんかに
急いで釉薬をかけて窯を100%に埋めることがあります。

ただこれが、もう何回も作ったものだったり、
十分に手がかけれる場合など、うまくいけば
効率アップに大いに関係するんですが、
なんとなく違った感じになったり、無理した感じが
ちょこっと表れたりと、作った本人がわずかに
違和感を感じるほどの、ごく小さい部分では
ありますが、結局ものにならないケースが、
意外とあります。

ほとんど見た目や質感に変化がなくても、
なんとなくしっくりこないみたいな…

なので、「もうちょっと…」なんてときは、
そのままONしてしまうことが、割とあったりします(^^)

まあ現実には結構もったいないことをしている
と思うんですが、僕の作品は窯の中での奇跡を
期待するタイプの作品ではないので、
窯の中で一発逆転ということが少ない分、
出来るだけ、狙い通りを狙う方向で(^^)

それでも、なかなか狙い通りにならないのが、
このやきものの面白いところであり、また
チャレンジ精神を掻き立てられる部分ですね。

だからこそ、いいものができると喜びも
倍増なんですが…

なにか、最後のシメがごく一般論になってしまい
ましたが、今日はこの辺で…(^^)



クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ


 

 

 


■ スタジオジブリ・レイアウト展
今日は仕事を少し早く切り上げて、
夕方からサントリーミュージアム天保山で開催中の

「スタジオジブリ・レイアウト展」

に行ってきました。

音声ガイドがおすすめということで、
その辺もガッついてみました(^^)

ギャラリーや美術館で作品を観るというと
変に構えてしまいがいちですが、
本来作品を観たり、触れたりということは、
そんなにお堅いことでは、全くもってありません。

マナー違反はいけませんが、
とにかく自由に楽しめばいいのです(^^)

展示をする側も、見ていただく方に
いかに楽しんでもらうことができるか。
ということを必ず考えていると思いますし、
特に大きな展覧会では、その演出にも
しかっり力が入っているものが多いので、
相手の策にドップリはまってみるのも
ひとつだと思います。

というわけで、話がそれましたが…
今回の「スタジオジブリ・レイアウト展」
とても面白かったです(^^)

あらためて、スタジオジブリそして宮崎駿、高畑勲の
すごさを感じました。
おすすめなのでお時間ある方は是非どうぞ。



クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ


 

 

 


■ ヒビノコズエ展と超絶刺繍展
昨日に引き続き、今日は兵庫県で行われている
ヒビノコズエ展と超絶刺繍展を見に行ってきました。

2日連続で仕事を切り上げて展覧会に向かったわけ
なんですが、本焼きをしているこの2日間ぐらいしか、
時間が取れずで…

僕の専門分野はわざわざ発表するまでもなく
陶芸なわけですが、パートナーさんの専門分野が
染織なので、こっち方面の展覧会も比較的多く
見に行きます。

陶芸と染織は、工芸という枠組みを使えば
同じ分野に入るため大きな枠で考えると
共通しているところも多く、そういう意味では、
いろいろと面白い展覧会でした(^^)

また、西洋の服飾についての歴史や、
着物の歴史なんかもあらためて認識し、
現代におけるファッションの自由、
自由であるがゆえの不自由さ、
また見極めの難しさなんかを感じた展覧会でした。

やきものに触れたことがない人は世界中探せば、
以外にもたくさんいるんじゃないかなと思うんですが、
衣服のことを全く知らない人というのは、
いないんじゃないかなと思いますので…
(日本では外では服着ないと…みたいなことになりますので)

人の暮らしとの関わり合い、密着度の高さからも
やきものよりも大きなこのジャンル…

これからどんな歴史を刻み、
どこへ向かっていくのか楽しみです(^^)



クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ


 

 

 


■ スーパー「コストコ」
昨日展覧会を見るため、
神戸と尼崎に行ったわけなんですが、
その帰りに少し時間があったので、
コストコ」というスーパーへ行ってきました。

尼崎店は2003年にできたということで、
すでにご存知の方も多いかとは思いますが、
いまさらということも含めまして、
昨日コストコデビューしたので…(^^)

このコストコ、スーパーと書きましたが、
普通のスーパーではなく、
まさに業者の倉庫でした。

システムとしては、会員制で年会費4,200円を
払って会員証を作り、それでお買い物という感じです。

同じ住所であればもう1人までこの値段でカードを
作ることができます。
入場は、カードの本人とお連れ様2名様まで入店可
だそうです。

ただ支払いはカード本人にしかできず、カードには
本人の顔写真が入っています。

商品がフォークリフトのパレットに乗ったまま、
ボン!ボン!と並べらていて、ひとつひとつが
とにかくデカかったです(^^)

1.2kgのティラミスとか、アイスクリームもリットル単位、
ロールパンも20個一袋みたいな感じでした。

なかなか普段の食事でとなると量が多すぎる感も
ありますが、買った後何人かで分けて…とか、
バーベキューやパーティーの準備なんかで、
行き道によれば、ほぼ全てのものがこのスーパー
一軒でそろってしまう感じでした。

しかも、卸値なので安いです(^^)

まさに、スーパーなスーパー「コストコ
もしご存じない方は一度是非(^^)



クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ


 

 

 


■ なつかしの、飲み物
夏の飲み物といえば…

…・・

ビール!ですかね(^^)

本当はここで「冷やしあめ」と言いたかったんですが、
ちょっと無理がありましたm(_ _ )m

今日は昔なつかしの「冷やしあめ」を
いただいたので、ご紹介します(^^)

DSC00571blog.jpg

結構好みが分かれそうな飲み物ではありますが、
僕は結構好きです(^^)
昔、市民プールのプールサイドとかで売っていたような…

でも、今日のはそのときのものよりも
グンとレベルアップした感じです。

レモン果汁が入っていて、後味がかなりスッキリでした☆

気になる方は、こちらでどうぞ(^^)

「黒糖ひやしあめ」
http://www.tomomasu.co.jp/item022.html




クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ


 

 

 


■ 計算上、自由時間
8月も末に突入ということで、
まさに音速、光速の域で時間が過ぎておりますが、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

少し前に梅雨があけたかと思ったら、
もうすぐ秋になりそうです…

毎年、いろいろと制作なんかに追われて、
夏というものは感じる間もなく過ぎていく
感覚がありますが、とうとう今年は、
夏自体の期間が短くなってしまったようです(^^)

まあ今年の夏は少し例外として、
そもそも、この夏という期間に僕達に与えられた
時間というのはどれぐらいあるものなんでしょうか…

7月1日~8月31日の2ヶ月間が夏まっさかり期間!
だと仮定すると…

とりあえず、62日×24時間で、1488時間。

この時間を寝ずに満喫すると夏どころか人生が
終わってしまう可能性があるので、一日8時間、
十分に睡眠を取って…

さらに、夏休みとかいう淡い思い出は思い出のまま
しまっておいて、現実には働かないといけないので…
通勤時間や残業時間と日曜日なんかの休日を相殺して
さらに一日10時間、62日連勤!日本人は勤勉ですm(_ _ )m

それを差し引くと…

1488時間-(62日×睡眠8時間)-(62日×労働10時間)

あくまで、計算上のひと夏に与えられてた自由時間は…

「372時間」ということになりました!

いかがでしょうか?(^^)

実際には、メンタルバランスにかかる部分や、
完全に1人で使える時間として考える場合など、
言い出せばキリがないほど、
誤差時間が含まれていますが…

この時間をどう使うか?

できるだけ充実したいい時間が過ごせるように、
よく寝て、よく食べ、よく働き(><)…

そして、よく遊ぶ(^^)



クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ


 

 

 


■ 宮津へ
今年に入ってから、休みらしい休みもなく、
もうそろそろ、夏も終わろうかという感じですが、
ようやく、僕にも夏到来ということで…(^^)

先週の土日は、大学の同級生、先輩後輩
総勢16人で、京都の宮津へ行ってきました☆

海鮮丼食べーの、
バーベキューしーの、
夜、海で星見ーの、
いろいろ語りーの、
さらに朝まで語りーの、
昼まで、寝ーの、
絶景見ーの、
海水浴行きーの、
温泉行きーの、
ご飯食べーの、

…・・・

とつぎぃ…・・・m(_ _ )m(フルイデスネ)

夏にできそうなことのほとんどを
この2日間ですることができました(^^)

僕は参加させていただいただけですが、
企画していただいて本当にありがとうございました!

同級生の実家があってそこに泊めてもらえた
ことで、宿代もかからず超夏満喫、そして
超激安ツアーを楽しむことができました(^^)

そして何より気の合う、ものづくり仲間と
久々に一緒に時間を過ごすことができて
よかったです(^^)

また、このパワーをこれからの制作に
大いに使っていきたいと思います☆



クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ


 

 

 


■ 鋳込み口用ヤスリ
鋳込み口が小さい型は、その口部分が
円錐型になっているんですが、
その円錐型の鋳込み口をキレイに整えるのに、
見たまま、円錐型の木に耐水ペーパーを
巻きつけて整えます(^^)


DSC00596blog.jpg

ホームセンターで買ってきた木のパーツに
切り込みを入れてあります。


DSC00598blog.jpg

そこに耐水ペーパーを巻きつけて…


DSC00599blog.jpg

さっきの切り込みは、ペーパーの巻き始めを
差し込んでペーパーだけが周るのを防ぐためです。


DSC00601blog.jpg

これで完成です(^^)
大きさと角度の違うものを同じ方法で2種類作っています。



クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ


 

 

 


■ ブロック04 型完成
DSC00602blog.jpg

さて、先日作ったとりあえず30個の
仕上げがようやく終わりました。

毎日コツコツと進めていたわけでも、
莫大な時間がかかったわけでもなく、
ほとんどの作業はこの2日ぐらいで
進んだわけなんですが、何せ一気に
集中してやりたかったので、
なかなか、まとまった時間が取れずで…(^^)

本当は、さらに倍のもう30個ほしいところなんですが、
前にも進まないといけないので、一旦、この辺で。

今月末は、岐阜で陶芸家の集まりがあって
それに参加するため、その間に型を乾燥させて…
と思っています☆

去年は、ちょうど個展中で参加できなかった
この岐阜での集まりなんですが、ちょっと集まって…
とかいう小規模なものではなく、また去年にもまして、
かなり大規模なイベントになりそうなので、
どんな感じになるか楽しみです(^^)

もし参加される方がいましたら、
会場で是非声をかけて下さいね(^^)

明日は恒例の木曜日、また頑張ってきます!



クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ


 

 

 


■ 続けるポイント?
今日は恒例の木曜日…

こっちの教室では、9月の末に作品展が
あるので、その展示用の作品作りに
皆様大奮闘です(^^)
月2回の教室では、残りもわずか…
大忙しです☆

それでも、何かの目標をもってチャレンジする
ということは意欲的な制作へとつながり、
またそれが、いいものを作ることへと
つながると思うので、いいことですね(^^)

また作品ができれば、見てもらいたいという
気持ちが起こりますし、見てくれる人が
いれば、また一生懸命作ろうと思います。
それで、喜んでくれたりしたら、もうこの上なし
ですね(^^)

僕達のように、それが仕事になってしまうと
なかなか楽しんでばかりもいられず、
難しいところも多々出てくるわけですが、
それでも、この根本的な部分というか、
本質は同じなので、つらいことがあっても
続けていこうと思うのかもしれませんね。

なんといっても、自分の思いが形なった
ときの喜びが辛さの何倍も大きいので、
ここも大きなポイントです☆

僕の場合は、もうひとつ…
自分が考えて想像したものを、
とにかく自分が見てみたいというのが
あって、それも大きな理由のひとつです(^^)

それを実現するために、日々技術を磨き、
練習を重ねてレベルアップし、
自分の中の空想物を現実化して目の前に現す!
ことに挑んでいるのかもしれません…

ただ、この自分の中の空想物自体を
レベルアップさせないと、現実化させても
仕方がないので、ここが一番、難しいところです…ね(^^)




クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ


 

 

 


■ 失敗から学ぶ
8月ももう終わりが近づき、秋の雰囲気も
少しずつ漂ってきていますね…

陶芸をやっている方なら、ご存知の方も
多いと思いますが、「つくる陶磁郎」という
陶芸の情報誌があるんですが、
以前ネットのアマゾンでこの本を買ったら、
アマゾンから新刊が出ましたよー!って、
お知らせのメールがきまして…(^^)
(スゴイですね、アマゾン☆)

で、それにまんまとハマリ、新刊を買って
みたら、今回の特集は「失敗ベストテン」
陶芸教室51校にアンケートってことで、
しかも、その51校の中に僕が木曜日に
行っている教室の分校が出てまして…

そういえば土殺しや、底のS切れのことを
いろいろ相談したような…
なるほど、このことだったのかと
今更にその部分と繋がって(^^)

さらにそういえば、この本の名前が
出ていたような…と思いながら…

内容的な部分では、僕も一応これを
本職に仕事をしていますので、大発見的な
ことはありませんでしたが、再確認という
意味で参考にさせていただきました(^^)

また、失敗から学ぶという方向性は、
やきもの作りにとって、特に技術面に
もっともふさわしいことではないかと
思っているので、そういう意味では
失敗をおそれず、チャレンジするいい
キッカケになるのではないかと思いました(^^)

それでは、僕からも一つ☆
参考になるかどうかはわかりませんが…(^^)

ロクロで中心に穴をあけて、底を作り、荒伸ばしをした後、
側面を上に伸ばしていくときに、よく両手の指先で挟んで
上に伸ばすと言いますが、実際には挟むという動きは
腰元の一瞬だけで、後は口元に向かって内側と外側の
指の幅を「固定」して土を上に持ち上げていくような感覚で
伸ばすと同じ厚みのスッとキレイな円筒が挽けます☆

言葉の便宜上、挟むという言葉をよく使いますが、
挟み続けるのではなく、一定の厚みまで挟んだら、
そこからは、固定して上に上げるのです☆

文字で説明するのはやっぱりなかなか難しいですね(^^)
もし、気になれば試して見てください☆

明日からは、3日間岐阜のほうに出かけてきます!




クリックで応援よろしくお願いします→工芸人気ブログランキングへ


 

 

 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。